notes

大阪在住 28才 株式投資、音楽とサッカー、最近読んだ本など日常つらつらノート。

くるり 金のたまふたつ 2014

12月は忙しない。

12/2
偶然やたまたまが重なりあって、急遽くるりのライブを観に行った。
2日の朝、たまたまウォークマンのシャッフルでくるりを聴いていたこと。

遅出の出勤をたまたま9時出勤に変更していたこと。
時間変更したのに、恋人が仕事になり予定がキャンセルになったこと。
たまたま管理者が用事で定時に帰り、開演に間に合う絶好のチャンスが巡ってきたこと。

たまたまが連発するなんて何かのお導きがあるにちがいなーい、等とライブを行く正当な理由を並べて、るんるんでオリックス劇場に向かいました。
ちょうど大寒波で寒くなった日。

前回の坩堝の電圧ツアーにも行ったイメージでは、アルバムツアーなので新曲がメインだったので(当たり前か)、ベストアルバムの時のZEEPツアーに勝ることはないかぁとたびたび思っていたけれど、今回更にだ、すごいよかった。とても個人の感覚的表現で曖昧だけど、くるりってバンドの表現の豊かさ、音の厚みが増しているなって。
わ、偉そうですみません。
そして、一番にはファンファンの重要性を再確認しました!いい仕事してるよなぁ、ファンファン。歌ってハモって、トランペットして、ソロの長いパート吹いてって、並大抵ではないよね。

昔の曲も今のくるりのアレンジで更に進化してるし。



MCは毎度おもしろい。それにしても後ろの一人で来てた男の人、MCの一言一言に笑いすぎ、ウケすぎ。そっちが気になってしまってたら、終わってから友達も同じことを言っていた。ま、私も相当笑ってたけどね。

そんな終盤のMCにて、岸田さんが冗談も絡めてボム投下。くるりのことをブラック企業、と、言ってしまっておった。ついに本人が自称!!!
大いにウケたけど、メンバーは笑ってなかったぞ。



これからも今回のようなオケ編成でサポートメンバーという形で程よい距離感のある体制が良いかもな。




くるりを好きな人って共通項があるように思う。友達は、周りにくるりを知ってはいても聴かない子ばっかりって嘆いていてそんもんなのかって思った。
私はいつも彼氏と一緒にライブに行くので好きなものはすべてメジャー同然の感覚でいる。でも、そうじゃない。実は貴重な共通項。



好きなバンドは?って聞いて、くるりって言われるとその人に対して、ますます興味が湧くなー。そこから必ずしも音楽の趣味が似てるわけじゃないから尚のことおもしろい。




ライブの内容のこと全然書いてないな。

怒涛の後半、ワールズエンドスーパーノヴァ、ロックンロール、birthday、ばらの花。行って良かった。


そしてひろってきたセトリ載せます。
平日にフルボリューム♪♪♪

セットリスト
1.2034
2.日本海
3.浜辺にて
4.ロックンロール・ハネムー
5.Liberty & Gravity
6.しゃぼんがぼんぼん
7.loveless
8.Remember me
9.遥かなるリスボン
10.Brose & Butter
11.Amamoyo
12.最後のメリークリスマス
13.ハイウェイ
14.ブレーメン
15.奇跡
16.ハヴェルカ
17.かごの中のジョニー
18.ワールズエンド・スーパーノヴァ
19.ロックンロール
20.東京

アンコール

21.メェメェ
22.Birthday(奥野真哉誕生祝)
23.ハローグッバイ
24.ばらの花
25.There is (always light)

にほんブログ村 その他日記ブログ 20代 日々のできごとへ
にほんブログ村