読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

notes

大阪在住 28才 株式投資、音楽とサッカー、最近読んだ本など日常つらつらノート。

3月18日鳥栖戦

日記 サッカー


f:id:hiro_116:20170320230352j:image

土曜日はホームでサガン鳥栖戦でした。

ルヴァンカップから中2日での試合ですが、メンバーは前節のコンサドーレ札幌戦から変わらず。私は、前節がアウェイで試合を観れてなかったので、清武をみれるのが楽しみでしたー!

試合と関係ないけど、本当に年パスが楽ちんです。席番を調べる必要ないし、いつもの席に一直線できる。

いつも彼氏にチケットを買って用意してもらってたので、スタジアム前で待ち合わせしてて、待たせることが多かったけど、今はベンチ集合!できるので、相方が喜んでます。あと、チケット代もディスカウントしてくれた金額を渡してたんですが、試合終了後たびたび、「こんな試合にお金払えるか!」って私が言ってたのもあって…(笑)いろんなことから解放されてる模様。いつもすみません。

 

鳥栖戦の脅威はまさにFW2トップです。来日まもない元コロンビア代表でセリエA(イタリア)にいたイバルボ選手がさっそくスタメン入りということで、戦々恐々。豊田はめちゃくちゃがたいがよかった。イタリア人監督だから、イタリアから選手とったんですね~。今回の試合でも前半は鳥栖のチャンスも多かったけど、イバルボ選手はまだ鳥栖のチームにフィットしていなくて、逆に助かりました。

セレッソは柿谷、清武の惜しい場面が何度かありましたが、後半70分にまたまたコーナーキックから大チャンス。コーナーの跳ね返りを清武がクロスであげて、木本が折り返し、山村が押し込み、得点!!

セレッソ、今までのすべての得点がCKから!!

リーグ戦初勝利、嬉しいです。

やまむー超イケメン。

 

 

清武は、ユン監督曰くまだ万全のコンディションではないらしいけど、素人目でみてたら、他の選手とはすべての面において上回ってるすごい選手が帰ってきたなと思った。

これからが楽しみです。

 

 

f:id:hiro_116:20170320230417j:image

f:id:hiro_116:20170320230434j:image

 勝利の美酒は、さくらエビスビールを、エビスバーにて。

泡がクリーミーでちゃんとさくらんぼ風味がして美味しかった。

ここはサッポロHDの株主優待が使えるそうで、思わず株価チェックしてしまいました…最近、飲食店にいくと上場してるかをチェックしてしまうあるある。ありませんか?

ルヴァンカップ初戦は横浜Fマリノスと。

サッカー 日記


f:id:hiro_116:20170317012614j:image 

ルヴァンカップの初戦を観に行きました。

早番で定時退社日の水曜日は、16時台に終業するのでもはやプレミアムフライデーとやらと変わらない。(プレミアムフライデーわが社はありません)

そんな平日にカップ戦やってくれるのはうれしい!

スタメンを確認するとマリノスに扇原の名前がありました。

一方のセレッソは、スタメン総入替えで驚きつつ楽しみ。セレッソはJ1のトップチームとJ3のU23のチームがあります。カップ戦はいわば、サブ組の活躍の場としての位置付けなのかもしれません。両チームともスタメンは平均年齢の若いサブチームでした。J1チームでU23のチームがあるのは、セレッソ、ガンバ、FC東京ということで、そうなると、普段試合に出ている点からいうと、試合感やチーム連携の部分でセレッソに分があったかなと思います。試合をみていてそんな印象を受けました。ぶっちゃけトップチームより楽しい試合だった!

結果は2-0でセレッソの勝利です。初勝利がカップ戦になった。

そして、U20日本代表の舩木選手がとてもいい仕事をしてましたー!縦パス、スルーパスにクロス、セレッソには新鮮な感じがした。トップの選手のスタメンの座を奪ってほしいなー 柿谷と健勇を2トップで使うのは、あんまりやなぁと思うのです。フォーメーション変えるべきか…

私は、パスサッカーよりも走るサッカーが好きなようです。今、西部さんの『戦術リストランテ』というサッカー本を読んでますが、その中のマンUを表す一節に…

いくら判断能力の高い個人がそろっていても、組織としての方針が曖昧だとチーム力はあがらないのではないでしょうか?

―マンUにはバルセロナのような事細かなメソッドはありませんが、精神性というかチームの確固たる伝統があります。全員がよく走って、球際もアグレッシブに行く。スーパースターがそろっていますが、みんながハードワークをして泥臭く頑張ります。

アーティストがやっている労働者のサッカーというイメージ。

そういうベースがあるからこそ、戦術的な規制の少ないサッカーをやれるわけです。

(西部謙司(2011)『戦術リストランテ』 フットボリスタ) 

去年までのセレッソの、大熊監督の、何の戦術もないサッカーをみていたので、このフレーズにがつんとやられました。イギリスのサッカーチームであるマンUをよく表した言葉やと思います。

 

ところで、ルヴァンというお菓子はご存じですか。

無料で配られました。あ、リッツか。

ナビスコカップが名前を変え、お菓子の商品名のルヴァンと付けたようですね。

良い宣伝になったなぁー、だって知らんもん。


f:id:hiro_116:20170317012630j:image f:id:hiro_116:20170317012701j:image

年パス席快適です。

土曜日は鳥栖戦。勝たないと!

ではまた。

 

戦術リストランテ

にほんブログ村 その他日記ブログ 20代 日々のできごとへ
にほんブログ村